潜レコ
潜空のレコンキスタ(潜レコ)攻略wiki
ブリザードドラゴン【超神級】の攻略ポイントとおすすめカード
【潜レコ】ブリザードドラゴン【超神級】の攻略ポイントとおすすめカード【潜空のレコンキスタ】

【潜レコ】ブリザードドラゴン【超神級】の攻略ポイントとおすすめカード【潜空のレコンキスタ】

最終更新 :

潜レコ(潜空のレコンキスタ)のブリザードドラゴン【超神級】の攻略ポイントや各ジョブによる立ち回り、おすすめカードを紹介しています。またボスの行動パターンもあるので、イベント攻略の参考にして下さい。

目次

難易度別攻略記事はこちら

超神級神級上級

ブリザードドラゴン【超神級】の基本情報

難易度超神級
消費スタミナ45
有利属性
報酬1ペルセポネ
報酬2ルサルカ

ブリザードドラゴン【超神級】の攻略ポイント

ボス情報

ボス/部位名属性体力
①ブリザードドラゴン氷(弱点:風)1450000
②腕氷(弱点:風)480000
③ツノ氷(弱点:風)700000

ボスの特徴と攻略ポイント

小見出し

ツノが使用する冷気吸収が非常に強力。ターンが進むに連れて攻撃力がどんどん激化していく。まずは全員で協力してツノを破壊しよう。ツノには防御力5000が設定されているため、攻撃バフとチェインが必須!

小見出し

2ターン目には22500の全体攻撃と11160の単体攻撃を受けることになる。準備を整えておかないと脱落者が出てしまうため、サイラスは防御バフや挑発、ミランダは攻撃デバフを使って耐え抜こう。

小見出し

敵の火力が圧倒的に高く、HPの低いデッキでは勝つことが困難。「ランスロット」「イシュタル」「パンドラ」「ウルド」など、HP補正値が高いカードを持っている場合は、他職であってもリーダーに置いて底上げを図ると安全。

ブリザードドラゴンの行動パターン

特殊な行動パターン

なし

通常の行動パターン

※タップすると開きます

行動パターン
ターンボス/部位名行動
1ブリザードドラゴン

ツノ
通常攻撃(単体魔法攻撃/威力6500)
フリーズボム(単体物理攻撃:威力11160)
なし
2ブリザードドラゴン

ツノ
ブリザードブレス(全体魔法攻撃。威力19500+バフ)
フリーズボム(単体物理攻撃:威力11160)
冷気吸収(全体魔法攻撃バフ3000/永続)
3ブリザードドラゴン

ツノ
通常攻撃(単体魔法攻撃/威力6500+バフ)
通常攻撃(単体物理攻撃:威力7000)
なし
4ブリザードドラゴン

ツノ
ブリザードブレス(全体魔法攻撃。威力9100+バフ)
フリーズボム(単体物理攻撃:威力11160)
冷気吸収(全体魔法攻撃バフ4500/永続)
5ブリザードドラゴン

ツノ
通常攻撃(単体魔法攻撃/威力6500+バフ)
通常攻撃(単体物理攻撃:威力7000)
なし
6ブリザードドラゴン

ツノ
ブリザードブレス(全体魔法攻撃。威力9100+バフ)
フリーズボム(単体物理攻撃:威力11160)
冷気吸収(全体魔法攻撃バフ5000/永続)
7ブリザードドラゴン

ツノ
ブリザードブレス(全体魔法攻撃。威力9100+バフ)
通常攻撃(単体物理攻撃:威力7000)
なし
8ブリザードドラゴン

ツノ
通常攻撃(単体魔法攻撃/威力6500+バフ)
フリーズボム(単体物理攻撃:威力11160)
冷気吸収(全体魔法攻撃バフ9500/永続)
9ブリザードドラゴン

ツノ
ブリザードブレス(全体魔法攻撃。威力9100+バフ)
通常攻撃(単体物理攻撃:威力7000)
なし

冒険者別の立ち回り/おすすめカード

▼エッジ▼サイラス
▼ミランダ▼ソニア

エッジの立ち回りとおすすめカード

エッジの攻略ポイント

  • 基本は神級と同じ。ツノ→腕→本体の順に攻撃しよう。
  • まずはツノを破壊することに全力を尽くそう。ツノさえ壊せば攻撃の勢いは落ちるので、負ける理由は大幅に減る。
  • 大ダメージを出し続けるため、継続バフがあると心強い。

エッジの立ち回り(行動パターン)例

ターン行動概要
1ツノを攻撃ツノを攻撃しよう。
2ツノを攻撃ツノを攻撃しよう。
3ツノを攻撃ツノを攻撃しよう。可能ならバフカードも併用しよう。
4ツノを攻撃ツノを攻撃しよう。可能ならバフカードも併用しよう。
5継続バフ、攻撃継続バフを使いつつ、ツノへ攻撃しよう。
6ツノの破壊支援、攻撃をフル動員して、確実にツノを破壊しよう。
以降腕・本体を攻撃バフを使いながら腕を破壊し、最後に本体も破壊しよう。

エッジのおすすめカード

カード名おすすめ理由
アルテミスガチャ限定カード。風属性の大威力攻撃に2ターンの攻撃バフ。効果値も10000強と圧倒的に高いので、持っている人は必ずデッキに入れよう。
ランスロットガチャ限定カード。高威力+高確率クリティカルのため主力として大活躍。HP補正値も最強クラスに高いため、リーダーに置けばかなり打たれ強くなる。
コロンブスノーマルクエストで入手可能。防御力を一部無視する効果がついているため、ツノ破壊に重宝する。素の威力は中程度のため、攻撃バフと組み合わせて使おう。
ニョルズガチャ限定カードだが、出現率は高い。他のカードと併用することによりバフ持続が2ターンになる。コストも2と取り回しやすいため、2ターン目に「プーカ」辺りと使えると理想的。

サイラスの立ち回りとおすすめカード

サイラスの攻略ポイント

  • 長期戦を強いられるため、味方の手札が尽きないようドロー+の効果を持ったカードを毎ターン切り続ける必要がある。「アクア」「ラクシュミー」「ガイア」「ミネルヴァ」などのカードをデッキに入れよう。)
  • サイラスが初期から保有するSPスキル「バレットツヴァイ」は、守護カードであり風属性でもある。チェインしたいが風属性カードがない時に使うと良いだろう。
  • ブリザードブレスが非常に強力なため、ブロンズバロンLv5で獲得できる「ブリザードアサルト」があるとさらに安定して戦うことができるので獲得を目指すと良いだろう。

サイラスの立ち回り(行動パターン)例

ターン行動概要
1守護or妨害次のターンに強力な全体攻撃がくるので、できるだけ2ターン継続する効果を持った守護or妨害カードを使おう。
2守護強力な全体攻撃が来るため、守護カードを使おう。
3守護次のターンに強力な全体攻撃がくるので、できるだけ2ターン継続する効果を持った守護カードを使おう。
4妨害3ターン目に魔法防御アップを使っている場合は、腕に物理攻撃ダウンを使おう。
5守護、風チェイン守護カードを使いつつ風属性でチェインしよう。
6守護、風チェイン守護カードを使いつつ風属性でチェインしよう。全体攻撃が飛んでくるため、守護カードが重ねがけされるようにしよう。
以降守護、風チェイン守護カードを使いつつ風属性でチェインしよう。ツノが壊れた後は敵の攻撃バフが途切れるため、やみくもに守護を重ねるのではなく、ドロー+が毎ターンパーティ全体にかかるように使おう。

サイラスのおすすめカード

カード名おすすめ理由
オクタウィアノーマルクエストで入手可能。単体攻撃を全て引き受け、受けるダメージを80%に減少させる。超神級では、全体攻撃と強力な単体攻撃が来るターンに使用することで脱落者を減らすことができる
ミネルヴァ3ターン持続する1448の物理攻撃デバフ。2コストのため守護カードと併用しやすく、ドロー+があるため後半の手札枯渇を回避させてくれる。
ガイアガチャ限定カードだが、出現率は高い。効果値は1834。ラクシュミーの上位互換ともいえる物理守護カードで、風属性チェインにも参加できる。3コストで初手から使えるのも大きい。
レーニャ(貴族)ガチャ限定カード。全防御アップ1886が頼もしい。使用ターンしか効果は持続しないので、次ターンも可能な限り守護カードを使おう。ドロー+効果もないので、他にもドロー+効果のあるカードを併用したい。

ミランダの立ち回りとおすすめカード

ミランダの攻略ポイント

  • 基本的に攻撃デバフを使い続けること。ソニアが攻撃バフを使う余裕ができれば結果的にダメージに繋がるため、ムリしてミランダが攻撃するのは裏目に出ることもある。
  • 風属性の攻撃カードは1~2枚用意しておき、できるだけ魔法攻撃バフと組み合わせて使うようにする。攻撃対象はツノが第一優先。
  • 攻撃デバフのカードとして「イデア」も有用。デバフ値は507と低いが、1コスト2ターン持続、範囲全体という汎用性の高さはバカにならない。

ミランダの立ち回り(行動パターン)例

ターン行動概要
1妨害攻撃デバフを使おう。
2妨害攻撃デバフを使おう。
3妨害攻撃デバフを使おう。
4妨害、風チェイン攻撃デバフを使いつつ風属性でチェインしよう。攻撃カードもこの辺りから解禁だ。エッジと一緒にツノのHPを削っていこう。
5妨害・風チェイン攻撃デバフを使いつつ風属性でチェインしよう。
6ツノの破壊エッジと協力してツノを破壊しよう。「アフロディーテ」があるのなら、攻撃バフと組み合わせてここで使うのがベスト。
以降妨害、腕・本体を攻撃攻撃デバフを使いつつ、腕→本体の順に破壊していこう。ツノが無くなったあとは敵の攻撃バフが途切れるため、攻撃デバフは程々で大丈夫だ。

ミランダのおすすめカード

カード名おすすめ理由
デメテル3ターンの間、敵単体の魔法攻撃を1448低下させる。数値だけ見ればイマイチに見えるかもしれないが、持続ターンが長く風属性チェインになるという点が強く、縁の下の力持ちとして働いてくれる。コストも2と使いやすい。
イフリートデメテルと同じ魔法攻撃デバフ。持続ターンが2ターンと短くなっているが、効果値が2337と高く、デメテルと重ねがけすれば二重に弱体化させられる。このため両方ともデッキに入れておくのが吉。
メタトロン敵単体の物理防御を下げて味方全体の物理防御も上げてくれる便利なカード。間接的なダメージソースと言ってよい働きをしてくれる。
ランスロット本来であればエッジ用のものであるため共鳴はしないのだが、ウルド(後述)による物理攻撃アップの恩恵を受けられる。HPの高さもトップクラスであるため、最大HPを上げたい人は使ってみるといいだろう。

ソニアの立ち回りとおすすめカード

ソニアの攻略ポイント

  • 「ウルド」を使えるかで勝率が大きく変わる。他の味方全員のHPがほぼ全快に近ければ使っても大丈夫。HPの多寡やカードの有無は、自由定型文を使って連絡しよう。
  • 「ブリザードブレス」は2ターン目に22500、6ターン目に21600の威力を出す。生半可な回復では追いつかないので、全体回復はもちろん、回復バフの「アリス」や回復ステータス補正の高いカードをデッキに入れておきたい。
  • 回復、支援、チェインの全てを同時に成り立たせることはほぼムリ。特にチェインは出来るタイミングが限られるので、ツノにトドメを刺す6ターン目辺りまではムリにチェインして回復を怠らないようにしよう。

ソニアの立ち回り(行動パターン)例

ターン行動概要
1手札回し、持続回復支援カードが手札にない場合は最優先でドローしてくる必要がある。1コストの「イデア」と2コストの任意のカードを組み合わせれば、初手でも2枚使うことができる。それができなければ、持続回復の「クロノス」を使おう。
2手札回し、持続回復敵の攻撃で減った味方のHPを回復しよう。さらに可能なら、2枚のカードを使って手札を回そう。
3回復全体攻撃で受けたダメージを回復することに専念しよう。支援カードを引いてきても、このターンに使うのは厳禁。
4回復or支援味方全員のHPを全快近くに保てれば支援カードを使っていきたいが、無理に支援をせずHP回復を優先しよう。
5支援or回復4ターン目に支援が使えなかった場合、ここが2度目のチャンス。ただしサイラスが「オクタウィア」を使ってもダメージを集中して食らうため、「ウルド」以外の2コストで強力な回復を行えるかが肝となる。
6回復、風チェイン風属性でチェインしよう。また「ブリザードブレス」に備えて味方全員のHPを回復させよう。
以降回復、支援ツノを破壊した後は回復しながら支援カードを使い、味方の火力を後押ししよう。

ソニアのおすすめカード

カード名おすすめ理由
ウルド3ターン継続する12000強の全体物理攻撃バフ。さらにHP補正値も最強クラス。文句なしの必須カードだ。ただし5コストと重く回復が手薄になりがちなため、使用するタイミングだけは慎重に考えること。
ヴィーナス現状における最強クラスの全体回復カード。「ブリザードブレス」で大ダメージを受けた味方を一瞬で立ち直らせてくれることだろう。
クレオパトラヴィーナスに比べれば一段劣る性能だが、それでも全体回復は重宝する。初期入手カードのヴァルキリーともどもデッキに入れて使おう。
アンドロメダ単体を8766回復しながら風属性チェインができる。HP補正値も並以上の高さを誇るため、単体回復カードの中ではトップクラスに信頼できる性能だ。

潜レコの他のクエスト攻略記事


(提供)GREEN MONSTER,inc.

©LINE Corporation
© GREEN MONSTER, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

掲示板

冒険者情報

精霊カード

全カード

レアリティ別一覧

ジョブタイプ別一覧

コスト別一覧

属性別一覧

スキル

クエスト

通常クエスト

イベントクエスト

初心者向けお役立ち記事

提供

  • [提供]GREEN MONSTER,inc.

ランキング
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中